なぜ大晦日に蕎麦をたべるのか 続

続き

 

他にもいろいろ説があります。

 

⚫︎「運そば」説

鎌倉時代 の博多のお寺で年末にふるまったそば餅を機に町民の運気が上向きになったことからの習わし

 

⚫︎「細く長く」の形状説

寿命を延ばして身代の永続を願った縁起担ぎ

 

⚫︎効能説

蕎麦で身体を浄化して新年を迎えるという説。薬味のネギを神主の禰宜にあてがうというシャレも。

 

⚫︎金運説

金箔を打つときに打ち粉に蕎麦粉を使うと金箔の裂け目を、防げることから。

また金箔細工師は飛び散らかった金粉を集めるときにも蕎麦粉を使う「金を集める」縁起担ぎから。

 

シャレが聴いてたり、縁起担ぎしたり、昔の人は粋ですね。現代に深く深く根ざす日本人の文化。祈るということの尊さと美しさ。

モンガレットの年越しそばの賞味期限は1/1でした。

今年も来年もそうです。

「年越しちゃったそば」でもいいんです

お召し上がりいただく方々が大切な人のことを思い

新たな一年への希望をわかせるための一助になれれば、幸いと、思っています。

 

今年の年末もたくさん打ちたいです。

Copyright © Mongalette.